煎薬
煎じ薬

外観
煎薬の外見 漢方薬は、1日分ごとに和紙袋に包まれています。
そのまま、水に落とし、煎じます。

(注) 写真の例では、中身の状態が見えるよう、袋の口を切って中身を出してあります。
内容   薬草の根、茎、葉、実などを乾燥したものを刻み、所定の
  配合比率でブレンドしてあります。
価格   1日分あたり: 300円 ~ 500円(税抜)
用法   和紙袋に包まれた薬草1包を1日分として、土瓶等に、指
  定されている量の水と一緒に入れます。最弱の火力で、
  約半分の量に煮詰めます。(約30分)
  出来上がった煎液を、3回分に分け、1日で飲みきります。
  食間に( 食後2時間 ~ 食前30分前まで )。
補助器具   補助器具は、基本的には必要ありません。
  ガスコンロとやかん等を用意すれば、煎薬は支障なく
  服用できます。
  より正式に煎じて服用されたい方には、専用の土瓶や、
  自動煎じ器なども、ご用意致しております。
   [ ホーム ]
-- Copyright(C)2006 Hori Pharmacy Inc. All rights reserved -- ページ
トップへ